世界日報 Web版

難民250万人が流入


600

 現在までトルコ国内には、シリア内戦から逃れてきた人々をはじめ、イラクのシーア派偏重政治に嫌気が差したスンニ派住民などが、実に250万人以上滞在しているとされる。

 イスタンブールを歩けば、難民とおぼしき人々の姿が目に付く。繁華街に座り込んで支援を求める母子、信号待ちの車に近づいて物乞いする子供、通勤用のフェリーボートの中で救いを哀願する男性などなど。それでもトルコに入国した難民が餓死した、というニュースを聞いたことがない。農業国として、食糧供給に余裕があるせいでもある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ