世界日報 Web版

「帝国」のプライドぶつかるトルコとロシア


800

 トルコを訪れるロシア人は、ソ連解体前後の“爆買ツアー”からこの四半世紀の間、右肩上がりに増え続け、年間450万人に達すると報じられた。ロシアは強権を発動できる国柄で、制裁措置に基づくトルコ旅行禁止は相当徹底しているとみられる。日本を訪れる年間500万人近い中国人旅行者が全部来なくなった状況に近いかもしれない。トルコ企業によるロシアへの建設・インフラ輸出も着実に拡大してきたが、ロシア側はそうした流れをほぼ全面的にストップさせかねない剣幕だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ