世界日報 Web版

日朝国交正常化の限界


300

 日本と北朝鮮の凍りついた関係に解氷ムードが漂い始めた。

 19世紀英国の名宰相パーマストン子爵が指摘した通り、国際関係には永遠の味方も永遠の敵もなく、自国の国益を追求するのみだという現実を実感 する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ