世界日報 Web版

高句麗を中国の漢に編入した世界百科事典


韓国紙セゲイルボ

 サイバー外交使節団バンクはブリタニカ、ウィキペディア等の百科事典と有名歴史教育サイト16カ所が中国の漢を紹介する世界地図に高句麗の領土まで含めていることを確認したと15日明らかにした。

 ブリタニカのサイトは中国歴史の中で漢(BC206~220年)を紹介する世界地図で、高句麗(BC37~668年)の領土まで漢の土地と表示している。ブリタニカ出版社は子供サイトでも韓半島の全羅道北側地域全体まで同じように漢の領土に含めている。オンライン百科事典ウィキペディアと古代歴史百科事典サイトは世界地図で今の北朝鮮の地全てを漢の領土と紹介している。

 世界歴史情報サイト「ネイションオンライン」と「クロッシング・ザ・オーシャンズ」は最初から韓半島の大部分を漢の土地と表記している。この他に中国歴史教育サイト「ティーチャーズ・アンソニー」など多くの海外ポータルサイトが同じように領土を歪曲(わいきょく)している。

 バンクの朴キテ団長は、「これは高句麗を中国の歴史にしようとする中国の東北工程プロジェクトと関連がある」として、「万一、この地図を放置するなら、高句麗が中国の歴史として世界の人々に知られることになり、これは将来、世界の青少年が中国の東北工程を支持する効果を得ることになるだろう」と指摘した。

(聨合ニュース、5月15日付)

※記事は本紙の編集方針とは別であり、韓国の論調として紹介するものです。