世界日報 Web版

正恩氏に核放棄の意思なし


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 トランプ大統領がマイク・ポンペオ氏を国務長官に指名し、今後、承認手続きが進められる。北朝鮮の独裁者、金正恩氏との会談を控えるトランプ氏に間もなく、信頼できる助言役ができる。ポンペオ氏がまずしなければならないことは、交渉に臨むトランプ氏に、北朝鮮は交渉の場で核兵器を放棄するつもりはないことを理解させておくことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ