世界日報 Web版

正男氏暗殺1年、北朝鮮の残忍さを直視せよ


 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が2017年2月にマレーシアで殺害されてから1年が経過した。

 マレーシアでは、実行犯として殺人罪で起訴された女2人の公判が続いている。だが犯行を指示したとされる北朝鮮人容疑者らは既に帰国し、真相解明の見通しは立っていない。

真相解明の見通し立たず

 ベトナム国籍の女とインドネシア国籍の女は北朝鮮国籍の容疑者4人と共謀し、クアラルンプール国際空港で正男氏の顔に液体を塗り付けて殺害した。しかし、2人とも「いたずら動画に出演すると思っていた」と殺意を否認している。

 公判では北朝鮮人容疑者らを訴追できていないため、殺害の動機や北朝鮮の国家的関与の有無など事件の核心は何も明らかになっていない。こうした点を未解明のまま終わらせれば、結果的に北朝鮮を利することになろう。

 遺体からは猛毒の神経剤VXが検出され、正恩体制の残忍さを改めて強く印象付けた。北朝鮮は核・ミサイル開発を続けるだけでなく、VXやサリンなどを集中的に生産しており、化学兵器保有量は最大約5000㌧に上る。日米韓をはじめとする国際社会には、こうした脅威への備えも求められる。

 正男氏は、故金正日総書記と故成恵琳氏との間に生まれた長男。一方、正恩氏の母親は故高英姫氏で、正男氏との仲は良くなかった。正男氏は異母弟を避け、マカオや北京など外国で生活していたと言われている。

 正男氏暗殺の背景には、独裁体制強化のための「偶像化」が十分に進まない正恩氏の焦りがあったようだ。正恩氏にとって、正男氏は自らの権力の正統性を揺るがしかねない「脅威」だった。その意味で正男氏暗殺は、北朝鮮で繰り返されてきた凄惨(せいさん)な粛清の一環であったとも言えよう。

 平昌冬季五輪開幕に合わせ、韓国を訪問した北朝鮮の金与正党副部長は正恩氏の妹で、正男氏の異母妹に当たる。与正氏は韓国の文在寅大統領と会談するなど「微笑外交」を繰り広げたが、異母兄の暗殺に関与した可能性もある。

 正男氏暗殺後、マレーシアと北朝鮮の関係は悪化した。マレーシアは従来、北朝鮮のビザなし渡航を認めてきた友好国で、北朝鮮の情報活動や外貨獲得などの拠点だった。

 だが暗殺を受け、マレーシア政府は昨年10月、平壌のマレーシア大使館の閉鎖を表明。北朝鮮が大使館員を使って「人質外交」を展開したためだ。核・ミサイル開発や国内外での人権侵害などを続ける限り、北朝鮮は国際的孤立を免れることはできないだろう。

平和攻勢に惑わされるな

 トランプ米政権は昨年11月、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するなど厳しい姿勢で臨んでいる。一方、文氏は与正氏との会談で南北首脳会談実現に前向きな考えを伝えるなど北朝鮮に極めて融和的だ。

 われわれは正男氏暗殺で示された北朝鮮の残忍さを直視しなければならない。平和攻勢に惑わされることなく、「最大限の圧力」を掛け続けることが必要だ。