世界日報 Web版

韓国・文政権、捜査の本丸は李元大統領か


李明博氏

 検察当局は先週、2012年の総選挙、大統領選を前にした時期に金寛鎮国防相が軍サイバー司令部にインターネット上で「与党支持、野党批判」の活動をするよう指示したなどとして、軍の政治関与を禁じた軍刑法に違反する容疑で逮捕した。

 当時は10年続いた左派政権から政権交代した李明博政権の末期。就任早々から米国産牛肉輸入再開に反対する大規模な政権退陣デモに苦しめられたこともあり、保守政権延長へ過激な反保守運動への対策に神経を尖らせていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ