世界日報 Web版

韓国、原潜導入で米国と交渉開始か


ビル・ガーツ

 韓国政府は、米韓が原子力潜水艦の導入をめぐって実務レベルでの交渉を開始することを明らかにした。巡航ミサイル搭載可能な原潜の韓国への売却または貸与が明らかにされれば、韓国軍は、北朝鮮に対する抑止力として、通常兵器による長距離攻撃能力を備えるようになり、米韓両国の同盟関係も大幅に強化される。

 AP通信が報じたところによると、韓国大統領府は、韓国の防衛力強化への米国の取り組みの一環として、原潜導入交渉を開始することで合意した。韓国はほかに、偵察機などの先進兵器も導入するという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ