世界日報 Web版

「核の恫喝」日本に向く恐れ


櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 2002年1月、ジョージ・W・ブッシュ(当時、米国大統領)が一般教書演説でイラク、イラン、北朝鮮の3カ国を「悪の枢軸」と呼んで以降、北朝鮮は、米国の安全保障政策の文脈では「いつかは手が着けられなければならない課題」であった。

 ブッシュ政権は、イラク戦争を通じてサダム・フセイン体制を倒壊に追い込んだけれども、仮に戦後処理をさほどの支障もなく進めることができていたならば、次の照準がイランや北朝鮮に向けられていたであろう。イラク戦争直後の米国は、他を圧倒する牽制力を持つ「超絶大国」として語られていたのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP