世界日報 Web版

北朝鮮無人機、20年前から生物化学兵器搭載


元駐ベトナム北朝鮮3等書記官

元駐ベトナム北朝鮮3等書記官が証言

 北朝鮮は14日、北西部・亀城(平安北道)付近から弾道ミサイル1発を発射し、改めてその脅威を見せつけているが、一方で同市にある空軍飛行場では生物化学兵器を無人機に搭載し攻撃する準備がすでに約20年前から行われていたことが明らかになった。軍服務時代、この飛行場で無人機の管理・運営に携わった経験のある韓進明(仮名)元駐ベトナム北朝鮮大使館3等書記官(42)はこのほど本紙に北朝鮮無人機の開発状況を語った。(聞き手=ソウル・上田勇実)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ