世界日報 Web版

北の工作、文氏当選へ露骨に宣伝扇動


9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国(4)

 大統領選直前の5日、ソウル南部の冠岳山で登山客が2枚のビラを拾い地元警察に届け出た。ビラには国政介入事件で広がったろうそくデモの一場面に似た写真と共にハングル文字で「腐るだけ腐った保守牌党を国民は反対します」「ろうそくを持った手で国民の大統領を選出しよう!」などと記されている。

 「牌党」とは聞き慣れない言葉だが、要は「保守の輩(やから)」という意味で、これまで北朝鮮が各種媒体を通じ李明博元大統領や朴槿恵前大統領など保守派の大統領を「逆賊牌党」などと称して非難してきた宣伝扇動用語だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ