世界日報 Web版

日韓関係、「慰安婦」合意の見直し必至


9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国(2)

 「『和解・癒やし財団』の業務を一時停止してもらうことになると思う」

 韓国大統領選が迫っていた先月、文在寅候補(当時)の外交ブレーンである金基正・延世大学教授は同財団の理事の一人にこう漏らした。理事は本当にそういう通達が来れば辞任すると金教授に伝えたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ