世界日報 Web版

深刻化する北の核・ミサイル


遠藤 哲也

日本国際問題研究所特別研究員 遠藤 哲也

 北朝鮮をめぐるニュースは日本の新聞、テレビに登場しない日はないといってよい。そのうちでも、日本の安全保障にとって、最も深刻なのは核・ミサイルの開発である。本稿では、①北朝鮮はなぜ、核・ミサイルに固執するのか、放棄する可能性はあるのか②開発の現状と今後の見通し③国際社会の対応―について触れる。これまでの対応は結果論から言えば、功を奏したとは言えないが、今後いかにすべきか、その選択肢などについて考えてみたい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ