世界日報 Web版

後継決定前夜、故金正日氏と幹部の「合作」


800

検証・金正恩統治5年(上)

 2008年夏、金正日総書記が脳卒中で倒れた時、一番慌てたのは最高幹部たちだった。

 後継者を早く決めないと体制が揺るぎかねない。自分たちも運命共同体だ――。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ