世界日報 Web版

拉致と日朝、二国間で困難なら大局的に 坂井氏


800

強まる北朝鮮の対日工作 柳

日本人拉致被害者の再調査などを約束した日朝ストックホルム合意から2年以上が経過したが、成果を上げられずにいる。日本はどうしたらいいか。

 坂井隆 外交交渉は相手のあることでもあり、結果がうまくいかなかったからと言ってある時点での対応がすべて否定的に評価されるべきとは考えない。合意は表に出てきた部分だが、水面下でいろいろな動きがあった可能性もあり、そういうものを全体として知らないと何が問題だったのか言えない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ