世界日報 Web版

日本の拠出は中国人事務局長の言いなり


UNIDOの李勇事務局長

国連工業開発機関

 米英仏など先進主要国が国連工業開発機関(UNIDO)から次々と脱退した今日、日本はUNIDOの数少ない貴重なドナー国だ。不思議なことは、李勇事務局長(元中国財務次官)がUNIDOのトップに就任して以来、在ウィーン国際機関の北野充日本政府代表部大使は積極的にUNIDOに資金を提供している。ウィーンの国連関係者からは、「李事務局長の言いなりに日本は資金を提供している」との指摘も出ている。(ウィーン・小川 敏)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ