世界日報 Web版

言い訳に満ちた法王の演説


マーク・ティーセン

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 「子供の保護に関するバチカンサミット」でのフランシスコ・ローマ法王の閉幕の演説は、恥ずべきものであり、言い訳と言い逃れに満ちていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ