世界日報 Web版

仏の黄色いベスト抗議運動、国民の55%が運動継続望む


800

初期の改革強行に不信感

 今年2回目、通算9週目となったマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動の全国一斉デモが12日行われ、パリでは再び凱旋門周辺で警官隊と衝突した。政府は暴力対策として前回5日の5倍の5000人の警官・憲兵隊をパリで動員、全国動員数は8万人に及んだ。

 仏西部ルーアンでは取材中の仏ニュース専門TVのジャーナリストがデモ参加者数人から激しい暴行を受け、警備同行者も重傷を負った。パリやマルセイユでも撮影中のマスコミのTVクルーが襲撃される事件が起き、リエステー文化相は、ツイッターで「看過できないリンチ事件」だと非難した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ