世界日報 Web版

仏北東部のXマス市乱射で3人死亡


テロ警戒レベル引き上げ

400

 フランスのカスタネール内相は11日夜、同国北東部ストラスブールのクリスマスマーケット乱射事件を受け、12日未明にテロの警戒レベルを「差し迫った攻撃の可能性」に引き上げたと発表した。同時に全国のクリスマスマーケットでも警戒態勢を強化し、国境管理も強めた。

 事件は11日午後8時頃、フランスでは最大規模の毎年恒例のストラスブール中心部のクリスマスマーケットに来ていた買い物客に向け、男が発砲し、少なくとも3人が死亡、12人が負傷した。発砲音が聞こえ、多くの買い物客が逃げまどう姿が、現場にいた目撃者のスマートフォンなどで撮影された。

800

11日、乱射事件のあった仏北東部ストラスブールのクリスマスマーケット近くで警戒に当たる警察官(AFP時事)

 容疑者の男は現場から逃走し、警察が行方を追っている。当局の危険人物監視リストにあった29歳の男で、殺人未遂容疑で12日に逮捕予定だった。検察のテロ対策部門が捜査を開始した。男の身元は明らかになっており、住居の捜索や近所の人の聞き込みを開始している。

 事件後、同市にある欧州議会では、議員や取材に来ていた記者たちの外出が禁止され、緊張が走った。

 テロが頻発しているフランスでは、クリスマス時期のテロへの警戒を強化しており、11日もストラスブールの旧市街入り口では警察による荷物検査が行われ、マーケット周辺はバリケードで車が侵入できないようにした。

(パリ安倍雅信)