世界日報 Web版

負債は7兆円強に、仏労働改革の成否懸かる国鉄スト


マクロン氏

 先月28日から2日間行われたSNCFのストライキは、4月3日の開始以来、12回目となり、全国的なダイヤの乱れで混乱が続いている。パリ郊外鉄道トランシリアンは5本に1本、地域圏急行列車(TER)は5本に2本、高速列車(TGV)は2本に1本のみ運行している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ