世界日報 Web版

仏が新テロ対策、刑務所で過激思想拡散防ぐ


エドゥアール・フィリップ氏

 フランスは2015年1月および12月に起きた大規模なテロを受け、非常事態宣言を発動したが、昨年11月、新たなテロ対策法案を施行することで非常事態宣言を終了した。

 フィリップ首相は先月末、新たなイスラム過激思想の蔓延(まんえん)防止策を発表した。関係閣僚全てを同行して記者会見に臨んだ同首相の姿勢は、政府がいかに同問題を重視しているかをうかがわせるものだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ