世界日報 Web版

EU離脱へ進む英国の現状


浅野 和生

平成国際大学教授 浅野 和生

 欧州連合(EU)離脱決定以後初めて、英国の移民の入出国数が発表された(2月23日報道)。それによると、ポーランド、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、スロバキアとスロベニアのEU8カ国からの移民は、9月までの1年間の出国者数が3万9000人と3倍以上に増加した。一方で、8カ国からの移民の新たな流入数は5万8000人で、この10年間でもっとも少なかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP