世界日報 Web版

「一帯一路と中央アジア」でシンポ


800

 総合司会を務めた中央アジア・コーカサス研究所所長・田中哲二氏は、「昨年のシンポは、『一帯一路』構想のポジティブな側面が多く報告されたが、ここにきて微妙に変化してきている」と述べ、米中対立を契機とした時代の潮流変化を指摘。田中氏は、マハティール首相のマレー半島東海岸鉄道の中止やインドネシアの債務過剰による中国プロジェクトのストップ要請など、海の「一路」こそ蹉跌(さてつ)状況が目立っているものの、陸のシルクロード構想である「一帯」は、まだ進展中との基本認識を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ