世界日報 Web版

ポル・ポト政権崩壊40年 カンボジア、民主主義の危機


フン・セン首相

 カンボジアは昨年、国連カンボジア暫定機構(UNTAC)による総選挙が行われてから25周年を迎えた。その四半世紀を経て、カンボジアの民主主義は危機を迎えている。(池永達夫)

フン・セン首相、開発独裁へ総仕上げ

 シハモニ国王は15日、政治活動が禁じられていた旧最大野党カンボジア救国党2人の政界復帰を認めた。昨年行われた総選挙を前に、救国党を解党に追い込んだフン・セン政権が行った法改正に基づく措置だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ