世界日報 Web版

ウイグル人抹殺を謀る中国、強制収容300万人に「政治学習」


アフメットジャン・オスマン氏

東トルキスタン共和国亡命政府大統領 アフメットジャン・オスマン氏に聞く

今年7月、米国のペンス副大統領が講演で、中国の新彊ウイグル自治区(東トルキスタン共和国)で数十万から数百万のウイグル人が強制収容されていることに言及した。また8月には国連の人種差別撤廃委員会でも懸念が表明されたが、この強制収容所では何が行われているのか。

 収容所のことを中国側は“再教育センター”と呼んでいる。この呼び方は第2次世界大戦でドイツがユダヤ人に行ったホロコーストに似ているが、内容は当時より残酷だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ