世界日報 Web版

セルビアで増す中国人の存在感、町を歩けば「ニーハオ」


旧ユーゴスラビア軍司令部

中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風 (5)

 セルビアの首都ベオグラードの官庁街の一角にある旧ユーゴスラビア軍司令部(国防省)ビルは、今なお崩れかかった無残な姿を晒(さら)している。セルビア政府は、破壊された同ビルを「歴史の証人」として、そのまま残すことにしたのだ。これらは1990年代、米軍が加わる北大西洋条約機構(NATO)がコソボ紛争で、セルビアを空爆した時のものだ。

 べオグラードから高速鉄道建設現場まで運んでくれたセルビア人タクシー運転手は、「ロシアはファシスト」と毛嫌いすると同時に「アメリカはマフィア」と米国への露骨な嫌悪感を表した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ