世界日報 Web版

中国造船企業の社長拘束、国産空母計画に影響か


486

機密漏洩、欠陥など臆測

 中船重工は、1999年に設立された中国海軍の要となる軍艦造船や舶用機器の製造を担う造船の最大手国有企業で、傘下に約80社の企業、団体がある。

 中国海軍への艦船供給母体とも言える同社は、中国の潜水艦輸出戦略を下支えしており、同社製の潜水艦はパキスタンとタイが購入。中東や中南米諸国も購入に関心を示しており、傘下の719研究所の黄旭華名誉所長は「中国原潜の父」と呼ばれ、習近平国家主席とも懇意だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ