世界日報 Web版

中国の野心、二つの100年構想で覇権構築へ


野口東秀氏

拓殖大学客員教授 野口東秀氏に聞く

昨年の共産党大会や今月の全人代を経て、見えてくるものは何か?

 今世紀半ばまでに、米国と並ぶ中国主導の世界秩序を打ち立てるという野心だ。党大会では大国としての自信を背景に、それがむき出しになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ