世界日報 Web版

豪GBRと震災復興の類似性


小松 正之

東京財団上席研究員 小松 正之

 日本人にも新婚旅行先としてなじみの深い豪州グレートバリアリーフ(GBR)は全長2300キロ、総面積が34万8000平方キロに及び、ほぼ日本列島の長さと総面積に匹敵する広さを有する。600種類のサンゴと3000のサンゴ礁、600の島と1625種の魚類が生息する。1981年には世界遺産に登録された。

 98年以降、白化現象が多発し、サンゴ礁は2015年と16年で50~60%を失った。17年に20%を喪失し、残るサンゴ礁は20~30%である。今後50年では3%しか残らないとの予測がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ