世界日報 Web版

台北からナポリ、東京五輪へ


浅野 和生

平成国際大学教授 浅野 和生

 8月31日午後4時、台北市の総統府前を出発した「世大運英雄大遊行」の隊列は、1時間半をかけて市内を横断し、台北市政府前に到着した。蔡英文総統の満面の笑みで送り出された大パレードは、十重二十重の大群衆に覆われた9キロのコースを通って、終着点の市政府前広場で、雲集した市民と共に待ち構える柯文哲市長等に迎えられた。

 本年8月19日から30日まで、台北市で世界の大学スポーツの祭典、ユニバーシアードが開催され、大成功のうちに終幕を迎えた。台湾の選手たちは、金26個、銀34個、銅30個という、世界第3位の数のメダルを獲得した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ