世界日報 Web版

中国の潜在的脅威忘れるな


ペマ・ギャルポ

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 憲法記念日に恒例行事として第19回公開憲法フォーラムに参加した。会場に着き式次第を見て驚いたのは、公明党の国会議員の名前が載っていたことである。しかも今の公明党の有力若手議員として活躍中の同党の憲法調査事務局長・遠山清彦氏の発言内容にも驚いた。もちろん良い驚きである。つまり公明党が自衛隊の存在と役割を評価し、国という概念を私たちと近いものを持ち始めているからである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP