世界日報 Web版

台湾の主人公は誰なのか


浅野 和生

平成国際大学教授 浅野 和生

 来る5月20日で、台湾の民進党・蔡英文政権が就任から1周年を迎える。

 1年前の就任演説で、蔡英文総統は台湾が必要とする「問題解決」のため、全国民に対して「この国の未来を共に担っていく」ことを呼び掛けた。また、総統の役割は、国全体を団結させ、団結によってイノベーションを実現させることであるとし、「先入観および過去の対立を棄て」新しい時代に向けて台湾国民の使命を、共に引き継いでいくことを訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ