世界日報 Web版

深刻な書店関係者拘束


劉慧卿党主席

民主党の劉慧卿党主席(上)

 来年7月に中国返還20周年を迎える香港では、9月4日投開票の立法会(70議席)選挙に向け、親中派・親政府派と民主派が激戦を展開中だ。その結果は来年3月の行政長官選挙や共産政権下で香港の「自治」を認めた一国二制度の行方にも影響を与えよう。独立派の新政党立候補者らが立候補資格無効とされる中、識者に動向を聞いた。(香港・深川耕治、写真も)

香港立法会(議会・70議席)は民主派が27議席、親中派・親政府派が43議席だが、本土派、香港独立派などの新たな急進民主派の新政党から立候補するケースが増えて乱立気味だ。民主派で一番長い歴史を持つ民主党の目標は何議席か。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ