世界日報 Web版

中国の船舶差し押さえ問題


ペマ・ギャルポ

共同声明を再確認せよ

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 日中戦争以前の1936年に日本の海運会社に船舶を貸し出した中国の船舶会社の親族が、未払いの賃貸料などを求め訴訟した裁判を巡り、中国上海市の上海海事法院は19日、海運会社の流れを汲む日本の海運大手「商船三井」が所有する貨物船を1隻、浙江省の港で差し押さえた。このニュースに日本のマスコミも世論も冷静であるようだが、私は大変大きな問題であるように思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ