世界日報 Web版

アフリカ発展に資する支援を


太田 正利

評論家 太田 正利

 相当前のことになるが、第6回「アフリカ開発会議」(TICAD)がケニアの首都ナイロビで昨年8月27日から2日間開催された。人口12億を擁するアフリカは、アジアに続く新興市場、「最後のフロンティア」とも称され、近年国際社会において「希望」と「機会」の大陸として多くの注目を集めてきている。そもそもTICADとは、日本政府主導でアフリカの開発や支援について協議する国際会議であって、1993年から2013年までは5年に1度日本で開かれてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ