世界日報 Web版

脅かされるエイズ予防の成功


800

ウガンダ(下)

 同性愛禁止を強化する法律をめぐり、オバマ米政権から制裁を受けたアフリカ東部ウガンダは、奔放な性行動を抑制することでエイズウイルス(HIV)感染率を大幅に低下させたことで知られる。そのウガンダが圧力の標的となったことは、「性の自由」をめぐる文化戦争の象徴的な出来事といえる。

 ウガンダでは1980年代にHIV感染が爆発的に拡大するが、ヨウェリ・ムセベニ大統領が強力に推進した「ABCプログラム」と呼ばれる予防策が大きな効果を挙げる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ