世界日報 Web版

[沖縄時評] rss

広がる教育正常化の動き 道徳教科化で平和教育駆逐へ

《 沖 縄 時 評 》 偏向教師は過去の遺物に 中国の宣伝工作浸透  沖縄県では毎年慰霊の日の6月23日前後に…

続き

李登輝氏の主張は沖縄の地元紙に「不都合な真実」

《 沖 縄 時 評 》 李登輝氏の真意を伝えず、台湾の声を抹殺し抑止力を否定 ◆中国紙を引用し批判  『不都合…

続き

孔子廟訴訟・控訴審の行方、新主張も那覇市の敗訴必至

《 沖 縄 時 評 》 「琉球の公費」根拠にならず 地裁で原告全面勝訴  4月13日に憲法・政教分離裁判で金城…

続き

軍事同盟・核共有を黙殺、「木を見て森を見ず」の過ち

《 沖 縄 時 評 》 沖縄県、独伊が米国と結ぶ地位協定の実態調査を実施 ◆軍事条約も比較検討を  沖縄では米…

続き

現職敗北の名護市長選 世論調査と報道が裏目に

《 沖 縄 時 評 》 偏り過ぎた地元マスコミ ◆「辺野古」のみ争点に  2月4日の名護市長選で、辺野古移設反…

続き

瓦解する反辺野古派 「県民投票」めぐり亀裂

《 沖 縄 時 評 》 移設妨害の限界浮き彫りに ◆法的拘束力ない投票  沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名…

続き

控訴断念は沖縄県の治安維持を破壊

《 沖 縄 時 評 》 那覇地裁の「検問違法」判決、沖縄が暴力革命の標的に ◆公約違反を追及せず  沖縄にとっ…

続き

沖縄2紙の「ヘイトスピーチ」 米軍を「無法者」呼ばわり

《 沖 縄 時 評 》 地元住民の犯罪・飲酒は軽視 ◆全て「差別」のせいに  「沖縄差別」。昨年、沖縄2紙(沖…

続き

違法行為続ける翁長知事、共産党の操り人形に

《 沖 縄 時 評 》 負けを承知で裁判闘争 建設に至る過程を無視  翁長(おなが)雄志(たけし)知事は、米軍…

続き

衆院選、沖縄を読み解く 小選挙区で保革が接戦

《 沖 縄 時 評 》 比例は改憲派が6割占める 依然厚い反自民の壁  先の衆議院選挙で「国難突破」を掲げた安…

続き

琉球新報、沖縄タイムスの地元紙による言論封殺

《 沖 縄 時 評 》 FMラジオ局を“恫喝” 「正す会」と熾烈な闘い展開 事実無根の虚偽報道  いま沖縄の言…

続き

琉球新報・沖縄タイムス、共産党と「共闘宣言」

《 沖 縄 時 評 》 一般紙のレッドライン越えた  共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版(8月20日号)には…

続き

辺野古移設反対派の本音 全米軍基地の撤去が狙い

《 沖 縄 時 評 》 中国やISの侵略が可能に  米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する市民が、米…

続き

沖縄闘争の系譜 源流は「コミンテルン」

《 沖 縄 時 評 》 今も「渋谷暴動」を継続  「星一つ 落ちて都の 寒椿」  沖縄の人々が上京した折に、ぜ…

続き

沖縄県史「沖縄戦」に疑問を呈す

《 沖 縄 時 評 》 監修者は沖縄2紙、左翼学者で固めた執筆陣  「沖縄戦」は琉球新報と沖縄タイムスの2紙に…

続き

琉球新報の「出自」 米軍が創刊した宣撫新聞

《 沖 縄 時 評 》 人民党の巣窟、左翼が闊歩  那覇市の与儀公園に隣接する沖縄県立図書館は、「知識の泉」だ…

続き

「人類館事件」の真相、アイヌと同列視に反発

《 沖 縄 時 評 》 日本国民の一員として自覚  米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)のヘリパッド建設に反対…

続き

「琉球独立勢力」の正体、沖縄の中国圏入りを画策

《 沖 縄 時 評 》 妄想の“ユートピア”で扇動  過激派や共産党、中朝など周辺諸国の動向を分析する公安調査…

続き

古琉球の形成、奄美・喜界島から波及

《 沖 縄 時 評 》 独自の内的発展説は虚構  1年半ほど前、『琉球史を問い直す』と題する一冊の本が出版され…

続き

機動隊員「土人」発言報道

《 沖 縄 時 評 》 沖縄2紙にブーメラン/ネットの反撃受け撃沈  「沖縄紙は沖縄の世論を反映しているにすぎ…

続き

沖縄紙記者は「機関紙記者」? 反対派と行動を共に

《 沖 縄 時 評 》 自らの「信条」ばかり紙面化  「この取材にはコツがあるからな。コツというより暗黙の了解…

続き

まやかしの日米地位協定改定論、改定しても犯罪は減らず

《 沖 縄 時 評 》 協定締結は国際的常識  日米地位協定の改定が問題にされているが、日本が外国と結んでいる…

続き

参院選・島尻氏落選したが… 改憲派が過半数を獲得

《 沖 縄 時 評 》 逆風の中で保守健闘  沖縄では革新陣営が圧倒的に優位で保守陣営が低迷している、と思って…

続き


1 / 212