世界日報 Web版

[地球だより] rss

暖冬一変、記録的大雪に

地球だより  ワシントン、ニューヨークを含む米国東部は今年、異例の暖冬だった。例年なら12月には初雪が降るのに…

続き

成熟した関係を象徴

地球だより  天皇皇后両陛下が26日にフィリピンを訪問された。本来なら国賓は副大統領が出迎えるが、今回はアキノ…

続き

目減りする「母親資本」

地球だより  経済の後退感が否めない新年のロシア。欧米の経済制裁が続き、原油価格の下落も止まらない。原油輸出か…

続き

永遠の敵はいない?

地球だより  韓国に数ある博物館の中でソウルの「戦争記念館」は見応えがある。韓国動乱(1950~53年)にまつ…

続き

中華プラグマティズム

地球だより  台北のビジネス街を歩く女性を見て、なるほどと思うことがあった。  ハイヒール履きのOLは皆無に等…

続き

パラグアイ川船上の環境論議

地球だより  パラグアイ北東部(アルトパラグアイ県)では、恐ろしいほどの勢いで森林破壊が進んでいる。極僻地にま…

続き

ディーゼル車の将来

地球だより  ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲン社が、同社のディーゼル車の排ガス規制の検査に不正な…

続き

日本の特産物お取り寄せ

地球だより  伊勢丹シンガポール店は通販サイトで、日本の農水産などの特産物をシンガポールの消費者に届ける「お取…

続き

イスラム女性の苦悩

地球だより  イスラム過激派によるテロが世界化し、イスラム教徒に対する裁きの目が険しくなっていることもあってか…

続き

「北朝鮮」ではメシ食えず

地球だより  北朝鮮を震源とする人工地震が感知されたその時、筆者はたまたま韓国の北朝鮮専門家の事務所に来ていた…

続き

警官給与上げて治安改善?

地球だより  5月に行われるフィリピン大統領選を前に、候補者たちはさまざまな公約を発表し、有権者の支持を集めよ…

続き

進む「脱キリスト教化」

地球だより  米ニューヨーク州に人口約3万人のベスレヘムという町がある。そう、イエス・キリストの生誕地から付け…

続き

欧州の居住外国人

地球だより  欧州統計局が昨年12月公表した統計によると、欧州国民の93・3%は自国民で、2・8%が他の欧州連…

続き

昆虫食堂

地球だより  ハノイ法律大学の学生トンさんが、最近ハノイ市のダイラー通りに開いた昆虫食堂への人気が高い。食堂は…

続き

ロシア流 年末年始の過ごし方

地球だより  ロシアのクリスマスは1月7日。この日が、ロシア正教でつかうユリウス暦の12月25日なのだ。しかし…

続き

産経記事めぐる左右連帯

地球だより  記事で朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)の…

続き

野ネズミ市

地球だより  ラオスのローカルマーケットには銃でしとめた小鳥が売られているが、ベトナムには田んぼでつかまえた野…

続き

過剰な玩具提供も困る?

地球だより  米国に住んでいると、至る所でキリスト教倫理の「隣人愛」を垣間見ることができる。それがよく形に表れ…

続き

FN台頭分析の誤り

地球だより  フランスで12月に行われた地域圏議会選挙は、フランスが地域圏の大幅統合を進めた後の初の選挙だった…

続き

教育の貧困がテロを生む

地球だより  エジプトに長年住んでいると、日本人やその家族、子供たちの様子を知りたくなるもので、カイロ日本人学…

続き

海外出稼ぎ

地球だより  ベトナム政府はこのほど、年初から11月までに海外に送り出した派遣労働者数が、前年同期比10・6%…

続き

白人・アジア系が強い米国のIT企業

地球だより  米国のシリコンバレーのハイテク企業では、従業員の多様性が大きな課題になっている。ツイッターなどの…

続き

軍配属はママが決める?

地球だより  「マザコン?」と疑いたくなるほどママに弱く、これといったスポーツ系の部活もなく育つ韓国の青年男子…

続き