世界日報 Web版

民進党、地方首長押さえ優勢 国民党、人選不手際で分裂も


800

 「国民党が強い北部の新竹市でも市長が昨年末に民進党の林智堅氏になって国民党支持者が民進党を応援するようになった。東部でも同様の動きが強まり、地盤切り崩しは着々と進んでいる」と話すのは台湾第2の大都市である台湾南部の高雄市(278万人)の次期市長最有力とみられる民進党の許智傑立法委員(49)だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ