世界日報 Web版

中国の動向 汚職の裏に愛人による腐敗堕落


300

中国の動向 香港誌「前哨」編集長 劉 達文氏に聞く(下)

 中国の習近平政権は汚職取り締まりを断行するため、江沢民派の周永康氏が無期懲役となり、胡錦濤派の令計画氏が拘束されるなど、習近平総書記の求心力が強まる一方、江沢民派、胡錦濤派の反発も強まり、北戴河会議で激論が展開されている。中国政府の動向について香港月刊政治誌「前哨」の劉達文編集長に中国の権力構造を中心に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ