世界日報 Web版

日韓連携はアジア平和の礎


300-1

 ――交流を通して慰安婦問題や竹島問題、歴史認識など様々な懸案の解決策を見いだせるのか。

 できると思うが、日本と韓国の政治風土が違う。日本は議院内閣制だが、韓国は大統領選挙で選ばれたトップなので、どうしてもトップの意向というものが、政治経済全ての分野に影響を及ぼす。日本はそうではない。与党と野党があり、過半数を取った党の代表が、国会で互選されて同意があれば総理になっていく。だから、いろいろな意見があって、それが韓国側に対しても反映されていく。関係者も自由に動ける。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ