世界日報 Web版

混戦続く共和党 「主流派」浮上なるか


800

 来年11月8日に行われる米大統領選まで1年。共和党が8年ぶりに政権を奪還するのか、それとも民主党が3期続けて大統領の地位に就くのか。各候補は支持拡大に余念がなく、早くも選挙戦は熱気を帯びている。(ワシントン・岩城喜之)

 10人以上が候補指名争いに出馬している共和党は、元神経外科医のベン・カーソン氏(64)とドナルド・トランプ氏(69)の政治経験がない「アウトサイダー」候補がトップを競う異例の展開が続いている。

 「私は人の悪口を言いたくない」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ