世界日報 Web版

資源大国・カザフスタン 産業育たねば「オランダ病」に


800

 確かに資源大国カザフスタンには、石油から天然ガス、石炭といったエネルギー資源から、鉄、ウランなど豊富な地下資源に恵まれている。人口は1500万人に過ぎないが、国土はわが国の7倍だ。

 2000年以降の8年間、カザフスタンが10%成長を遂げたのは、資源価格の世界的な上昇の恩恵を受けたからに他ならない。さすがに2008年のリーマンショックの影響を受けたものの、2010、11年には7%台の成長に戻している。無論、中国が資源価格上昇の主役だったが、今年、インドのモディ首相がカザフスタンを訪問した最大の理由は、原子力発電に欠かせないウランの確保だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ