世界日報 Web版

防大卒業式で首相が訓示、9条改正へ決意


 安倍晋三首相は17日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示した。首相は「今や自衛隊は、国民の9割から信頼を勝ち得ている」とし「政治もその責任をしっかりと果たさなければならない。次は私たちが自衛官の諸君が強い誇りを持って職務を全うできる環境を整えるため、全力を尽くす決意だ」と述べた。憲法9条への自衛隊明記を目指す決意を示した発言とみられる。

安倍晋三首相

防衛大学校の卒業式で訓示する安倍晋三首相=17日午前、神奈川県横須賀市(森啓造撮影)

 また、日本を取り巻く安全保障環境の変化や、軍事技術の進歩などを例に挙げ「もはや今までの延長線では対応できない。陸海空、従来の枠組みにとらわれた発想のままではこの国を守り抜くことはできない」とした上で「新しい防衛大綱の下、宇宙、サイバー、電磁波といった領域で、わが国が優位性を保つことができるよう次なる時代の防衛力の構築に向け、今までとは抜本的に異なる速度で変革を推し進めていく」と述べた。

 今回は平成最後の防大卒業式。首相は東日本大震災などの救助活動やペルシャ湾での掃海活動などに言及し、自衛隊の活躍をたたえた。

 今年度の防大卒業生は外国人留学生を除く478人(うち女性48人)だった。