世界日報 Web版

平和条約交渉、日露で温度差


中澤 孝之

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ロシアのプーチン大統領は旧臘(きゅうろう)20日、モスクワのワールド・トレード・センターで年末恒例の大型記者会見を開いた。今回は14回目で、昨年3月の大統領選挙で再選を果たし、5月から4期目の大統領として執務を再スタートして初めての大型会見だった。会見を司会したペスコフ大統領報道官によれば、プーチン大統領は会見の準備に数日間要し、その間、各省庁の担当者や専門家からレクチャーを受けたという。

 プーチン大統領の回答のうち、日露平和条約についての発言を大統領府サイトから紹介する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ