世界日報 Web版

閣僚の首を取ることに汲々とし野党議員の腐敗は大目に見る左派紙


◆生産性ない追及国会

 明日から臨時国会が始まる。といっても、いま一つ心が動かない。何せ最近の国会といえば、政策論議よりも安倍一強への「追及国会」に終始し、それこそ生産性がない。

 むろん議論すべき課題がないわけではない。政府は臨時国会に13本の法案を提出する。その中には、移民の是非問題に波及しかねない外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案もある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ