世界日報 Web版

佐喜真、玉城両氏 最後の訴え


あす投開票 台風で繰り上げ投票も

佐喜真淳氏

最後の訴えをする佐喜真淳氏=28日、那覇市牧志(亀井玲那撮影)

 翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選は30日の投開票を控えた28日、各候補者が街頭で最後の訴えを行った。選挙戦最終日の29日は、沖縄が非常に強い台風の暴風域に入る見通しとなったため。選挙戦は、無所属新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、無所属新人で前衆院議員の玉城デニー氏(58)の大接戦となっている。

 佐喜真氏は那覇市の打ち上げ街頭演説会で、普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で国と対立した翁長氏を念頭に、「争いや対立からは何も生まれない。対話を通して豊かな未来のある沖縄をつくろう」と呼び掛けた。「22年前に日米両政府が合意した普天間飛行場の返還を必ず実現する」と強調した。

玉城デニー氏

打ち上げ演説をする玉城デニー氏=28日、那覇市小禄(亀井玲那撮影)

 「翁長知事の遺志を引き継ぐ」と訴える玉城氏は、那覇市で演説。「沖縄県民の未来はウチナーンチュ(沖縄県民)が決める。官邸主導の補助金に頼らない新時代の沖縄をつくろう」と訴えかけた。知事選にはこのほか、新人で無所属の料理研究家、渡口初美氏(83)、元会社員の兼島俊氏(40)も立候補している。

 各陣営とも、29日は暴風雨で外に出られないため、徹底して電話かけする作戦だ。なお、うるま市、本部町、今帰仁村の6島では28日に繰り上げ投票が実施された。

 また、30日には宜野湾市長選も行われ、佐喜真、玉城の両陣営はセット戦術を展開している。無所属新人で県高校PTA連合会前会長の仲西春雅氏(57)=社民、共産、社大、自由、国民民主、立民推薦=と、無所属新人で前宜野湾市副市長の松川正則氏(65)=自民、公明、維新推薦=が立候補が激戦を繰り広げている。普天間飛行場の移設が最大の焦点で、玉城氏が推す仲西氏は無条件即時閉鎖・撤去、佐喜真氏の後継候補の松川氏は1日も早い危険性除去の手段として早期移設を求めている。