世界日報 Web版

災害派遣で訓練に支障も


 災害大国・日本にとって、災害への対処は戦争と同じぐらい重要だ。「災害(天災)は忘れたころにやってくる」という警句があるが、今年の夏は「災害は忘れる前にやってくる」という状態が続いている。『大阪府北部地震』(6月18日)。岡山や広島、愛媛を中心に200人以上の犠牲者が出た『西日本豪雨』(平成30年7月豪雨)。関西地方を直撃した『台風21号』(9月4日)。最大震度7を記録した『北海道胆振東部地震』(9月6日)。また、今年の夏は日本全国で35度を超える猛暑日が続き、熱中症で搬送される人が数多く出た。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ