世界日報 Web版

「普天間移設」をめぐり、沖縄県知事選の公開討論会で議論が白熱


「普天間移設」をめぐり、沖縄県知事選の公開討論会で議論が白熱

振興策の予算確保 国との関係で相違

 30日投開票の沖縄県知事選に出馬を表明した前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新推薦=と、自由党衆院議員で革新政党・団体が推す玉城デニー氏(58)による公開討論会がこのほど開催された。最大の争点となる普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古(名護市)移設問題では、同飛行場の早期返還と危険性除去を求め辺野古移設を事実上容認する佐喜真氏と、代案なき移設反対の玉城氏で大きく意見が分かれた。(那覇支局・豊田 剛)

 討論会は、日本青年会議所沖縄ブロック協議会が主催したもので、南風原町立中央公民館で行われた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ