世界日報 Web版

防災専門集団の検討も


 今年は年初から日本列島の至る所で災害が起きている。2月には日本海側での豪雪。6月18日に起きた大阪北部地震。西日本を中心に大きな被害をもたらした西日本豪雨(平成30年7月豪雨)などだ。

 そのたびに自衛隊は災害派遣要請に基づき、被災地に出動し、行方不明者の捜索活動や給水・入浴などの住民支援を行っている。

 物理学者の寺田寅彦は「災害は忘れたころにやってくる」という警句を残しているが、東日本大震災以降、日本で起こる災害の頻度を考えれば「災害は忘れる前にやってくる」という表現の方が、より正確な災害観を表しているような気がするのは私だけか…。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ